綺麗な毛穴にするためのコツ【化粧品で肌環境を整える】

綺麗な目元ができる

まつげ専用の育毛剤を使用することで、理想の目元を作り出すことができるでしょう。重要なポイントは、しっかり毛根に育毛剤が入りこむことを意識して、洗顔後などの毛根が綺麗な状態のときにしっかり塗りこむことです。

イチゴ肌から陶器肌へ

化粧品

タイプ別イチゴ肌の対処法

毛穴のない、ツルッとした滑らかなお肌にあこがれる女性は多いでしょう。ファンデーションで隠すなど、工夫をしても、当然メイクをとったらまた元通りになってしまいます。実はこの「顔の毛穴」は原因があって、適切に化粧品などで対応すれば、見違えるほど改善するのです。まず「顔の毛穴」は、タイプによって三つに分類されます。「皮脂ずまりタイプ」と、「毛穴開きタイプ」と、「たるみタイプ」です。まず「皮脂ずまりタイプ」は、鼻の頭や小鼻の周りなどが代表的です。イチゴの種のように、びっしりと目立つ毛穴に覆われている状態です。これは、皮脂や角質が詰まったものです。正しい肌ケアで角栓を小さくし、改善しましょう。まず、クレンジングや洗顔料選びが重要です。角栓を柔らかく溶かす効果のあるオイルクレンジングや、泡立ちが良く優しく汚れを吸着して落としてくれるような洗顔料がよいでしょう。また数週間に一度程度、ピーリングや毛穴パックなどで、角質除去してあげるのもいいですね。次に「毛穴開きタイプ」です。このタイプは、皮脂腺が活発に働き、余分な皮脂が分泌されていて、毛穴が目立っています。このタイプには、ビタミンC誘導体が入った化粧品がおすすめです。ビタミンC誘導体は、皮脂分泌を整える作用があり、毛穴開きタイプの改善に効果的な化粧品です。次に「たるみタイプ」です。こちらは頬などに多く出現します。加齢により弾力性を維持するコラーゲンが肌細胞より減少し、皮膚がたるむことによって毛穴が目立つタイプです。このタイプには、不足したコラーゲンを補う化粧品を使うとよいでしょう。レチノール配合化粧品や、上述した様々な美肌効果をもつビタミンC誘導体化粧品が改善に良く効くでしょう。

まつ育していますか

年齢とともに弱ってしまうまつげは、メイクをするたび痛んでしまうことも事実です。痛んだまつげは、美容液でケアできます。効果や使用方法によって様々な美容液が販売されているので、自分に合った美容液で強く抜けにくいまつげを手に入れましょう。

流行にのって選ぼう

人気のコスメを利用することは、流行を知りその時々のトレンドをしっかりとキャッチすることができます。メイクにもそのまま反映するという意味でもきちんと下調べをするという事が大切です。コスパや機能性など総合的に判断して行きましょう。